ここから本文です

現在位置は、トップページの下層の、お知らせの下層の、平成30年4月から国民健康保険制度が変わりますです。

お知らせ

行政のお知らせ

平成30年4月から国民健康保険制度が変わります

2018年4月1日

このページを印刷する

平成30年4月から、これまで市町村単位で運営されていた国民健康保険について、都道府県が財政運営の責任主体となり、市町村とともに運営する方式に変更となります。国民健康保険は、高齢者が多く、医療費水準が高いという構造的な問題を抱えています。国民皆保険の基盤となる国民健康保険制度を今後も持続可能な制度とするために、政府による国民健康保険への財政支援の拡充とあわせて、都道府県が国民健康保険の財政運営の主体となることで財政基盤の安定化を目指します。

制度改正の概要

 

       都道府県

       市町村

主な役割

財政運営の責任主体となる

・市町村ごとの事業費納付金を決定

・財政安定化基金の設置・運営

住民の身近な窓口として、保険証の発行や保険税(料)の賦課・徴収、保険給付、保健事業を行う

資格管理

国保運営方針に基づき、事務の効率化、標準化、広域化を推進 

保険証の発行など

※都道府県内で資格を継続する

保険税(料)

標準的な算定方法により、市町村ごとの標準保険料率を算定・公表

標準保険料率等を参考に保険税(料)率を決定

個々の事情に応じた賦課・徴収

保険給付

給付に必要な費用を全額、市町村に対して支払い

保険給付に関する申請受付

保険給付の決定・支給

保健事業

市町村に対し、必要な助言、支援

特定健診など、被保険者等の特性に応じたきめ細かい保健事業を実施

 

被保険者の方への影響について

 

◆ 制度移行時において特別な手続き等は不要です。

・お持ちの保険証等は、記載された有効期限までご利用いただけます。

・住所変更等の届出や給付の申請などは、今までどおり役場での手続きとなります。

 

◆ 保険証の様式変更

・保険証の様式が一部変更になります。 変更時期:平成30年8月更新分から

 

◆ 高額療養費の多数回該当の通算について

・資格の管理が県単位になることから、今まで市町村単位で通算していた高額療養費の多数回該当について、県内で通算される仕組みに変更となります。

  (多数回該当とは、当月を含む過去12か月以内に高額療養費に該当した月が3回以上あった場合、4回目から自己負担額が低くなる制度です)

 

◆  事務・給付基準の統一化 

・療養費、葬祭費、出産育児一時金などの支給基準について、県内で統一していくことが予定されています。

 

平成30年度以降の保険税について

 

◆ 平成30年度以降の保険税の決め方

保険税は、県から示される納付金の額と納付金を集めるのに必要な標準保険料率を参考に、保険税率を定めて賦課することとなります。そのため、平成30年度の保険税(所得割率、均等割額、平等割額)の変更を予定しております。

県に納める納付金は、県内の市町村における加入者の所得や医療費水準により毎年算定され、その納付金の金額により、保険税が変わることになります。

 

福岡県ホームページ 平成30年4月から国民健康保険制度が変わります。

 

厚生労働省ホームページ 持続可能な医療保険制度を構築するための国民健康保険法等の一部を改正する法律について

 

お問い合わせ

粕屋町役場 総合窓口課
〒811-2392 福岡県糟屋郡粕屋町駕与丁1丁目1-1
電話:092-938-2311(代表)
FAX:092-938-3150
開庁時間:月曜日から金曜日(祝日、休日及び年末年始を除く)の午前8時30分から午後5時まで

このページを印刷する